gourmet Hokkaido.vol.2

写真 (13)

gourmet Hokkaido.vol.2

北海道にきて、たった1日目で食べ過ぎて
食べること”
に嫌気がさしたのですが、
人間の身体は不思議なものであくる日、目覚めるとお腹が鳴るのです。
ということで朝ご飯の後は姉ちゃんの旦那のプロジェクト
“とかち天空カフェ”へ。本日最終日。

写真 (12)

とかちのパッチワークカラーな大地を眺めながら、もぐもぐとご飯が食べられます。
またこれが美味しい!
カフェを後に今度は車で遠い森の中の牧場めざし突っ走りました。
走り迷うこと1時間強。
到着したのは”Needs”という収穫祭。
私の父の仕事関係のイベント”秋の収穫祭”にお呼ばれしていたので行ってきました。
姉ちゃん2人と私の3人が到着するなり、父がお出迎え。すっかり酔っ払っている。。
会場は、本当に山の中の牧場ど真ん中。
農業関係の人がこれ見よがしに
我が自慢の収穫物です!と、お披露目するというもの。
で、私達は仕事でもなんでもないので、とりあえず片っ端から食べまくりました。
写真にも写っているのですが、奇跡のりんごの木村さんも来ていられました。
到着が遅かった私達はリンゴは食べれず。

写真 (14)

収穫物はALL FREE. ALL YOU CAN EATでございます。

写真 (15)

食べ物は全てオーガニックやら自家製やらの自慢品みたいです。
熱で溶かしてこのなんとかというチーズをささっとパンやじゃがいもにかけてくれます。
その他、オーガニックなブドウやとうもろこし、じゃがいも ピクルス、
シャケのちゃんちゃん焼きから チーズの効いたリゾット、
孔子のローストされたものやビーフステーキ、そして十勝のワイン、焼酎、
オーガニックルービーなど盛りだくさん。はらぺこ軍団には夢の国ですね。

写真 (18)

中でも、私を虜にしたのは、こちら子羊の丸焼き。
このおじさんも素敵な人で、何度も肉のおかわりをする私に、
とても親切に肉の部位の話をしてくれました。
とにもかくにも、どの部位がどうだったかはすっかり忘れましたが、
柔らかくてジューシーで美味しいなんてもんじゃない。
胃の隙間という隙間に詰め込んできました。
このおじさんのエプロンがまた可愛い。デニムに”羊”なんですね。
そしてこのおじさんの名刺は職業は”羊飼い”でした。いや素晴らしい!

写真 (16)写真 (17)

その後、また父と別れ私達は家で北海道ナイトを
ルービーと刺し盛りと一緒にしたのでした。
まあ、良く飲み食べ、良くしゃべる。
なのでエンジンが止まるとこんなことに。本家道産子はゆすったって起きません。
2夜連続でございます。
私は胃痛を訴えお布団で就寝。

写真 (19)

obi

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中