One day,,,

ori

One day,,,

ある日のこと。
私がここ、お気にりPに入ろうとすると5人の男女も丁度入ろうとしていました。
そして1人の男性が私に話しかけてきた。
“Hi! そういえば前に別の街にいなかった?”と。
そう、Bandulaの宿の隣に彼らはいたのでした。
で、話を聞くと彼らはイスラエルからきたそうで、
話かけてきてくれたオリはサーフィンの先生で、
あとのボーイズ2人はとってもサーフィンが上手なコンペティター、
そして残りのガールズ1人はショートボードを持っていて、
もう1人のノアは全くの初心者だったのです。
先生のオリはノアにくっついて教えようとしていたのですが・・・
しばらくすると、岩場でセットで巻かれまくっているノアを発見!
ノアこっちこっち!!と手を振るが、
スポンジボードとノアがしっちゃかめっちゃかに巻かれている。。
しかもこっちを向いて首を横に振っている・・・。
体力の限界、無理ってことでしょうか・・・。
で、先生のオリはどこいったんでしょう?と探すと、
一番アウトからでかいセットをガンガン攻めていた。ノアそっちのけで。。
結局、最後ノアは自力で上がって砂の上に体育座りをしていました。
私がサーフィンをややしばらく堪能して上がっても、ジリジリの太陽の下
真っ赤な顔で体育座りをしていたノア。。。
なんだか昔の自分を見ているみたい。と思ってしまった。
思うようにいかなく泣きながらサーフィンしたり、
巻かれて額から血を流して砂浜に体育座りしていたり。
ヌアンのtuktukがくるまでお水を買ってあげてノアと一緒に話をした。
私も始めた当初は本当に波が怖かった話、もちろん今も怖いと思う事、
でも続けるって楽しいことの方が多いという話など。
きっと私の宿の前のビーチに来たらハッピーにサーフィンができると思うよ!
と言うと嬉しそうにしていたノア。
そして、お昼すぎ、私がビーチに行くとオリやノアがビーチに来ていました。
ゆるーく割れるスープにオリが押してノアが笑顔でロングライド。
ビーチで見ていた私とボーイズがノアに手を振ると、すっごく嬉しそうだった。
サーフィンを続けること、沢山の壁や葛藤や越えられないものが沢山あるけれど、
笑顔のきっかけがあると、頑張れるし、こんな出逢いもある。
レベルはどうあれ、私も自分のペースでHAPPY SURFを続けていこうと思いました。
ノア、これからもサーフィン続けてね*
そしていつかどこかで一緒に波に乗れたらいいな!
obi
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中