en長らくPCに向かうこともできず、
このチビと一緒に過ごしていた。
4月の末に孤児を拾って我が家に来たエン。
今日朝の6時半頃、
私の手のひらでその小さい心臓が止まりました。
エンは我が家に来てから、
鼻がつまりミルクもなかなか飲まず、かかりつけの病院へ行っても
何故具合悪いのか?
何故鼻がつまるのか?
何故ミルクを吸えないのか?
何故何故ばかりで、
結局しばらくして
保護猫を沢山しているrulezpeepsのミズエさんに
メールをして相談をしてみた。
すごく内容はシンプルでわかりやすく
そしてセカンドオピニオンの事も書いてあって、
病院も紹介してもらった。
私の頭の中に病院を変えるという選択が全くなかったから
苦しそうなエンに
また違う道や私ができることが増えた事が嬉しかった。
新しい病院ではすぐにレントゲンを撮りましょうと。
ここでやっと”何故”の糸の絡まりが溶ける。
結果、エンは肺炎そして気管支炎を患っていた。
このままだったら衰弱の一方だということで
皮下点滴や、ネブライザー等、
エンが少しでも楽になる道を提案してくれた。
その後は調子の良い日も増えてきて
病院へも毎日通って鼻が通るようにもなってきた!
特にご機嫌そうな日は私の膝の上で
ひっくり返って楽しそうに
コロコロと遊ぶようにもなって
ミルクもシリンジから沢山飲む。
私も嬉しい気持ちになる。
きっとこのままゆっくりゆっくり大きくなって、
1年後には、ポニやユズと家の中を走り回っているのだと
未来の猫まみれ具合に胸踊らせていた。
けど、
突然昨日からぐったりし始め、
今朝病院へ行こうと思っていた矢先に
私の手の中で天国に行ってしまった。
短い、たった半月の命で
そのうちのほとんどが苦しいものだったと思う。
毎日1日中エンにつきっきりでミルクや保温、
なんとか元気になってくれと寄り添っていたのだけれど、
その想いは届かず力不足となってしまった。
私、エンの母ちゃんになれていたのだろうか。
悲しいよ。
エンは庭に何かの木と一緒に埋めようと思う。
何がいいかな。
エンをしっかり根っこで守ってくれる木がいいな。
ミルキーな香りとふわふわヘアとさよならをするのが辛いよ。
でも、こんなに小さいのにその命はしっかり
私の心に刻まれたよ。
また生まれ変わったら私のところに来てね。
猫だけじゃないけど、
大きく健康に育つって本当に奇跡だと思う。
ポニもユズも奇跡の塊だと思う。
あと、大事なことは1つの病院で解決しない場合は
すぐにセカンドオピニオンという選択を取ること。
違う視点や治療法で大きく変わってくると思った。
これは猫だけじゃないね。
まあとにかく、この半月、
MOJAMOJAも全くできず、
私もヘロヘロになりながらエンと戦ってきて、
ひとまず少しゆっくりして、
またいつもの生活に戻ろうと思います。
MOJAMOJAのオーダー相変わらずおっせーな
って思っていたら
そんなこんなで止まっていたのでごめんなさい。
I love you “EN” forever!
en2
neko

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中