MOJAMOJA SURF MOJAMOJA

またBlogがかなり空いてしまっています。
書きたいことが山程あるのに
やりたい事がさらに山程あって、
2020の夏も忙しくMOJAMOJA、SURF、
そして家のお庭と慌ただしくやっています。
surf
しかし連日波がいい。
朝SURF、昼MOJAMOJA、夕方SURF そして就寝。
今年もいい夏だ。
obi

 

MOJAMOJA beach pants

pant_1
梅雨前!
毎日やっと太陽がでて晴れて嬉しい♪
庭の緑達もすくすく育っていて、
なかなかいい感じです。
こう暖かく薄着になってくると
楽ちんなお洋服が大活躍。
ということで、
オーダーでいただいているOPやパンツ達も
沢山縫い上げ中です。
MOJAMOJAでいつもお世話になっている
HRS様にもまたまたパンツ入荷予定と、
ボードバッグ以外にも色々なアイテムが動いています。
pant_3
さて、この長めのゆったりパンツ。
MOJAMOJAで毎年作っているものなのだけれど、
今年はハイウエスト仕様で、
紐をキュッと結ぶと
見返し部分がチラチラと見えてアクセントに。
ちょっとサテンのような
光沢のあるコットン素材のペイズリーに
ハンドダイをした濃厚パープルが
いやらしい感じにマッチしています♪
コンパクトなトップスからゆるゆるのものまで
合わせやすくて毎日履いちゃうお気に入りパンツ。
pant_2
他にもオリエンタル生地のパンツ達も
時間をみてストックを制作すると思うので、
お気に入りの1枚をぜひぜひ見つけてみてね♪
obi
en長らくPCに向かうこともできず、
このチビと一緒に過ごしていた。
4月の末に孤児を拾って我が家に来たエン。
今日朝の6時半頃、
私の手のひらでその小さい心臓が止まりました。
エンは我が家に来てから、
鼻がつまりミルクもなかなか飲まず、かかりつけの病院へ行っても
何故具合悪いのか?
何故鼻がつまるのか?
何故ミルクを吸えないのか?
何故何故ばかりで、
結局しばらくして
保護猫を沢山しているrulezpeepsのミズエさんに
メールをして相談をしてみた。
すごく内容はシンプルでわかりやすく
そしてセカンドオピニオンの事も書いてあって、
病院も紹介してもらった。
私の頭の中に病院を変えるという選択が全くなかったから
苦しそうなエンに
また違う道や私ができることが増えた事が嬉しかった。
新しい病院ではすぐにレントゲンを撮りましょうと。
ここでやっと”何故”の糸の絡まりが溶ける。
結果、エンは肺炎そして気管支炎を患っていた。
このままだったら衰弱の一方だということで
皮下点滴や、ネブライザー等、
エンが少しでも楽になる道を提案してくれた。
その後は調子の良い日も増えてきて
病院へも毎日通って鼻が通るようにもなってきた!
特にご機嫌そうな日は私の膝の上で
ひっくり返って楽しそうに
コロコロと遊ぶようにもなって
ミルクもシリンジから沢山飲む。
私も嬉しい気持ちになる。
きっとこのままゆっくりゆっくり大きくなって、
1年後には、ポニやユズと家の中を走り回っているのだと
未来の猫まみれ具合に胸踊らせていた。
けど、
突然昨日からぐったりし始め、
今朝病院へ行こうと思っていた矢先に
私の手の中で天国に行ってしまった。
短い、たった半月の命で
そのうちのほとんどが苦しいものだったと思う。
毎日1日中エンにつきっきりでミルクや保温、
なんとか元気になってくれと寄り添っていたのだけれど、
その想いは届かず力不足となってしまった。
私、エンの母ちゃんになれていたのだろうか。
悲しいよ。
エンは庭に何かの木と一緒に埋めようと思う。
何がいいかな。
エンをしっかり根っこで守ってくれる木がいいな。
ミルキーな香りとふわふわヘアとさよならをするのが辛いよ。
でも、こんなに小さいのにその命はしっかり
私の心に刻まれたよ。
また生まれ変わったら私のところに来てね。
猫だけじゃないけど、
大きく健康に育つって本当に奇跡だと思う。
ポニもユズも奇跡の塊だと思う。
あと、大事なことは1つの病院で解決しない場合は
すぐにセカンドオピニオンという選択を取ること。
違う視点や治療法で大きく変わってくると思った。
これは猫だけじゃないね。
まあとにかく、この半月、
MOJAMOJAも全くできず、
私もヘロヘロになりながらエンと戦ってきて、
ひとまず少しゆっくりして、
またいつもの生活に戻ろうと思います。
MOJAMOJAのオーダー相変わらずおっせーな
って思っていたら
そんなこんなで止まっていたのでごめんなさい。
I love you “EN” forever!
en2
neko

This must be fate!

ちょっと前の昼間、
自宅で仕事をしていると外でミーミーと泣き叫ぶ声が。
声のする方向へ向かうと
それはそれはチッちゃい仔猫が
雑林の金網にしがみつき震えていた。
親もいない、このままでは死んでしまうと
迷わず連れて帰ってきてしまった。
病院につれていくも、
先生は生後1日くらいしか経っていなく
あまりにも小さい。
親からの母乳をもらっていない子は免疫力も低いので
かなり難しいから万が一命を落としても仕方がない。
温めてミルクを与え続けて、
あとはこの子の生命力次第かな とのこと。
いうことで、面倒みること
なんと本日5日目。
なんとか命をつなげている。
en
母ちゃん、
三男坊のために3時間おきのミルクと湯たんぽで
奮闘しており完全に寝不足です
毎回仔猫のゲージを開けるたびに、
生きていてくれよ と願う毎日だけれど、
そんな親の心配をよそに
ひっくり返ってあくびして寝ていたり、おならしたりと
峠は越えたのかな(まだ油断はできなけど)。
先住猫のポニ&ユズは
戸惑いを隠せなさそうにソワソワしているけど
ちょっとづつちょっとづつ慣らして、
いつか3匹で走り回るのを夢見てる。
ミルキーな香りとポヤポヤしたベイビーヘア、
ひょうたんみたいな ぽってりフォルム。
愛くるしすぎる。
この三男坊の名はエン。
“縁”のエンでもあり、
“円(サークル)”のエンでもあり、
円高にちなんで”日本円”のエンであり、
ポニ エン(&)ユズ!と
呼ぶ時に入っているエンでもあり、
とにかくこんな世界の時に出逢えた事と、
まあるく まあるく円で包むような、
温かいそんな存在でいてくれたらと願って命名。
ポニ、ユズ、エン。
20年ちょっと前に家の前の木の下で
捨てられていた小太郎を想い出した。
あの時の小太郎も死にかけていたけれど、
みごと18年も生きれたね。
今回も母ちゃん頑張るからエンも頑張ってね。
po.jpgnekoneko2.jpg
兄ちゃんと姉ちゃんも
応援してるぜ。
もし今、今までどおり海に入る生活だったら
エンには出逢えなかったかもしれない。
これもすべては何かの縁。
neko

70’svintage fabric shorts!

holy.jpg久しぶりの更新です。
あれよあれよと時間が過ぎ、
色々没頭しPCからも遠ざかっていました。
さて、書きたいことは毎回沢山なのだけれど、
まずはやっと縫い上がった、このカラフルパンツ達!
3月のティモールに行く前に取り寄せていた
大量の70’svintage生地達。
その生地をMOJAMOJAのパンツに仕立てました。
こちらは横浜のオシャレなショップ、
HOLYSMOKE様にほとんど入荷いたします。
1枚はMOJAMOJAのオンラインに♪
ブルーやグリーン、オレンジ、ピンクと
これでもかというくらい
70’sの時代を感じる花が咲き乱れております。
holy2.jpg
1枚1枚の生地の雰囲気や色合いによって、
前と後ポケット・ウエストベルトの
コーデュロイをハンドダイをしたりと、
ちょこちょこと小技も効いています。
更に、前ポケット内側にもこっそりと、
holy.4jpg.jpg
こんな感じに
アミーゴ的なプリントも仕込んでいます。
サボテンにパンツが干してある絵を描きました。
わかるかな?
holy5.jpg
今回29~34inchまで納品いたします。
写真で履いているのは29inch。
女の子がゆるゆるとビーチサンダルや
だるだるなTeeと合わせてもかわいいと思います♪
ぜひぜひ1枚お気に入りのお花をGetしてみてください*
surf.jpg
さて、この日は波が最最最高だった日の
夕方セッション。
キッズからトッププロまで
近所のサーファーが沢山いて、
みんな笑顔のスペシャルなサンセットだった。
私も朝はフィッシュ、夕方はログの大満足の1日。
皆サーフィンが本当に好きで、
人生かけて海のそばで生きている。
その海も今は入れないようになっていて、
海を目の前にして
また波に乗れるその日を待ちわびている。
サーフィンが生活の1部で、
当たり前のルーティーンだった人達から
“波に乗る”ということを奪われると…
言葉には表せないけれど、
寝たら駄目ですよ とか
歯磨き禁止とか、飲食も毎日だめです!
くらい同等のすさまじい破壊力がある気がする。
私はいつも眠るときに目を閉じて
今日の忘れられない1本とか
トリップ先のあの1本とか
“波に滑り出す”あのドキドキする瞬間を
思い浮かべることが多々あり、
今はこの写真の日の波の感覚が
私の子守波になっている。
はやくまた海に戻って
温かな波の新しい感覚で
頭の中もアップデートしたいね。
obi