en長らくPCに向かうこともできず、
このチビと一緒に過ごしていた。
4月の末に孤児を拾って我が家に来たエン。
今日朝の6時半頃、
私の手のひらでその小さい心臓が止まりました。
エンは我が家に来てから、
鼻がつまりミルクもなかなか飲まず、かかりつけの病院へ行っても
何故具合悪いのか?
何故鼻がつまるのか?
何故ミルクを吸えないのか?
何故何故ばかりで、
結局しばらくして
保護猫を沢山しているrulezpeepsのミズエさんに
メールをして相談をしてみた。
すごく内容はシンプルでわかりやすく
そしてセカンドオピニオンの事も書いてあって、
病院も紹介してもらった。
私の頭の中に病院を変えるという選択が全くなかったから
苦しそうなエンに
また違う道や私ができることが増えた事が嬉しかった。
新しい病院ではすぐにレントゲンを撮りましょうと。
ここでやっと”何故”の糸の絡まりが溶ける。
結果、エンは肺炎そして気管支炎を患っていた。
このままだったら衰弱の一方だということで
皮下点滴や、ネブライザー等、
エンが少しでも楽になる道を提案してくれた。
その後は調子の良い日も増えてきて
病院へも毎日通って鼻が通るようにもなってきた!
特にご機嫌そうな日は私の膝の上で
ひっくり返って楽しそうに
コロコロと遊ぶようにもなって
ミルクもシリンジから沢山飲む。
私も嬉しい気持ちになる。
きっとこのままゆっくりゆっくり大きくなって、
1年後には、ポニやユズと家の中を走り回っているのだと
未来の猫まみれ具合に胸踊らせていた。
けど、
突然昨日からぐったりし始め、
今朝病院へ行こうと思っていた矢先に
私の手の中で天国に行ってしまった。
短い、たった半月の命で
そのうちのほとんどが苦しいものだったと思う。
毎日1日中エンにつきっきりでミルクや保温、
なんとか元気になってくれと寄り添っていたのだけれど、
その想いは届かず力不足となってしまった。
私、エンの母ちゃんになれていたのだろうか。
悲しいよ。
エンは庭に何かの木と一緒に埋めようと思う。
何がいいかな。
エンをしっかり根っこで守ってくれる木がいいな。
ミルキーな香りとふわふわヘアとさよならをするのが辛いよ。
でも、こんなに小さいのにその命はしっかり
私の心に刻まれたよ。
また生まれ変わったら私のところに来てね。
猫だけじゃないけど、
大きく健康に育つって本当に奇跡だと思う。
ポニもユズも奇跡の塊だと思う。
あと、大事なことは1つの病院で解決しない場合は
すぐにセカンドオピニオンという選択を取ること。
違う視点や治療法で大きく変わってくると思った。
これは猫だけじゃないね。
まあとにかく、この半月、
MOJAMOJAも全くできず、
私もヘロヘロになりながらエンと戦ってきて、
ひとまず少しゆっくりして、
またいつもの生活に戻ろうと思います。
MOJAMOJAのオーダー相変わらずおっせーな
って思っていたら
そんなこんなで止まっていたのでごめんなさい。
I love you “EN” forever!
en2
neko

This must be fate!

ちょっと前の昼間、
自宅で仕事をしていると外でミーミーと泣き叫ぶ声が。
声のする方向へ向かうと
それはそれはチッちゃい仔猫が
雑林の金網にしがみつき震えていた。
親もいない、このままでは死んでしまうと
迷わず連れて帰ってきてしまった。
病院につれていくも、
先生は生後1日くらいしか経っていなく
あまりにも小さい。
親からの母乳をもらっていない子は免疫力も低いので
かなり難しいから万が一命を落としても仕方がない。
温めてミルクを与え続けて、
あとはこの子の生命力次第かな とのこと。
いうことで、面倒みること
なんと本日5日目。
なんとか命をつなげている。
en
母ちゃん、
三男坊のために3時間おきのミルクと湯たんぽで
奮闘しており完全に寝不足です
毎回仔猫のゲージを開けるたびに、
生きていてくれよ と願う毎日だけれど、
そんな親の心配をよそに
ひっくり返ってあくびして寝ていたり、おならしたりと
峠は越えたのかな(まだ油断はできなけど)。
先住猫のポニ&ユズは
戸惑いを隠せなさそうにソワソワしているけど
ちょっとづつちょっとづつ慣らして、
いつか3匹で走り回るのを夢見てる。
ミルキーな香りとポヤポヤしたベイビーヘア、
ひょうたんみたいな ぽってりフォルム。
愛くるしすぎる。
この三男坊の名はエン。
“縁”のエンでもあり、
“円(サークル)”のエンでもあり、
円高にちなんで”日本円”のエンであり、
ポニ エン(&)ユズ!と
呼ぶ時に入っているエンでもあり、
とにかくこんな世界の時に出逢えた事と、
まあるく まあるく円で包むような、
温かいそんな存在でいてくれたらと願って命名。
ポニ、ユズ、エン。
20年ちょっと前に家の前の木の下で
捨てられていた小太郎を想い出した。
あの時の小太郎も死にかけていたけれど、
みごと18年も生きれたね。
今回も母ちゃん頑張るからエンも頑張ってね。
po.jpgnekoneko2.jpg
兄ちゃんと姉ちゃんも
応援してるぜ。
もし今、今までどおり海に入る生活だったら
エンには出逢えなかったかもしれない。
これもすべては何かの縁。
neko

kikicat life

kiki.jpg我が家のデッキで暮らしている黒猫KiKi。
最近、KiKiハウスを変えてみた。
(以前はコレ)
やはりいくら防水の為にとテープをクルクル巻いても、
所詮ダンボール。
だんだんと内側が湿気を吸い込んでいるような感じだったので、
野菜ストック用の発泡スチロールBoxに変更。
厚手の発泡スチロールだから
完全防水だし保温性もいいような気がする。
そして何より衛生的!というのがいい。
毛布の下に仕込む湯たんぽとホッカイロで
この冬はぬくぬくだね。
日中KiKiはデッキで春のような陽差しを
楽しんでいることが多いので、
日々の汚れや足の踵から出ている体液が付着し
カチカチになった尻尾の毛など
お湯やペットアロマスプレーで拭いてあげているのだけれど、
その時間がどうやらとっても気に入っているようで
ゴロゴロ言って足をフミフミ動かして
とてもかわいく、私も好きな時間。
ただ、最近気がついたことがあって、
KiKiの耳が十分に機能していないということ。
呼んでも耳が動いていないことに気がつき、
今日も海から帰ってきてKiKi!と声をかけても
気づいていなく、
近くまでいったらびっくりしていた。
どうりでと思い返すこともあるのだけれど、
多分聴力がほとんど失われているよう。
なんだか不思議なものでより一層愛おしくなるのね。
KiKiがまだまだいっぱい幸せだと感じられるように
できる限りのサポートと愛情を
いっぱいあげようと思う。
neko

kikicat

ちょっと前に家の目と鼻の先で、
ちっこいミルクティ色の子猫が道路で死んでいて、
カラスがつっついて毛が舞っていた。
数日前に家のデッキに遊びに来た子だった。
多分車にはねられちゃったのかな。
白い大きい布でくるんで抱きかかえたら
まだほんのり温かくて、
何やってるの!と怒っても
もう魂はなくって死んじゃっている。
悲しいなあ。
カリカリとネズミのおもちゃを一緒に
深く家の庭に埋めました。
私、いままで何匹の死んでしまった
野良を埋めてきたんだろう。
最後だけでも悲しんで涙を流してもらえるだけでも
ちょっとは違うかな。
我が家のポニもユズもたまたま私に逢えた。
今は家の中ですべて守られている。
でももし出逢ってなかったら、
外で過酷だったかもしれない。
うう涙 考えると涙がでる。
さて、そんな我が家では実はもう1匹増えました。
kiki.jpg
名はキキと申します。
野良の♀、4歳くらい?もっとかな?
家のまわりの近所を行ったり来たりしているのだけれど、
どうやらここが気に入ったようなので、
冬が越せるようにキキハウスも作ってみた。
kiki3.jpg
kiki2.jpg
kiki4.jpg
どうでしょう。外壁に馴染むように、
白のシャビーチックなハウスにしました。おしゃれ。
ダンボールに100円均一で購入したシャビーシールを貼り、
防水テープでぐるぐると。
中にはいらなくなったクッションの綿が
たっぷり30cmくらいの高さに入っていて底冷えもしません、
その上にふわふわの毛布が敷いていて、
夕方4時以降に毛布の下にホッカイロを投入するので
夜中はぬくぬくでございます。
なんだか見た目、
レオパレスみたいだねって言わましたが、
はっきり言ってレオパレス以上の待遇かと。
敷礼なし家賃なし、
こんなふっかふかのベッドないよ。
キキは年なのか踵が擦れていつもグジュグジュしていて、
治っては傷つきの繰り返しで体液が尻尾や、
踵やお尻の毛にくっついて、
毛の一部がドレッドみたいになっている。
それをここ数日は
絡まったどうしようもない硬い毛をハサミでカットしたり、
ウェットシートでカラダを拭いたりしてキレイにしています。
毛布も4日に1回は洗って清潔に。
だって臭いんだもの。汗
今日もそろそろ帰宅するかな。
夜は必ずレオパレスで寝ているので、
キキも大満足なのでしょう。
黒猫はまた独特のかわいさがありますね。
夜見えないし。
kiki5.jpg
kiki6.jpg
kiki7.jpg
食べてる 笑
neko

 

MOJAMOJA & Poni & Yu

mojamoja.jpg
ポチポチとHPも更新しています。
寒いので温かな色に加え、
スノーフレークもあしらってみました。
SP verにも雪がちらちらしています。
PCで見ると上のような感じです♡
ちょこちょことgiftにもオススメなアイテムも
載せていきます。
ぜひぜひ見てみてください♪
——————————————–
さて、たまには我が家のアイドル猫、
ポニ&ユズでも。
po.jpg
yu.jpg
可愛い子達のために母ちゃん頑張っていまして…
夜は布団に全員集合からの消灯で
ポニは股の間、ユズは腕枕を希望するので
毎晩毎晩
足がひん曲がり、腕が重みで痺れている。
obi