2020 happy new year

gantan.jpg2020年はじまりました。
今年もMOJAMOJAにSURFに、
焦らず1つ1つ足を踏みしめて自分らしく
進んでいこうと思います。
さて、去年ラストの乗り納め30日の波は
サイズのあるワイドで掘れて
私にはドロップするのが精一杯な波。
本当片手で数えるほどしか乗れず、
まあ自分の実力なんてこんなもんだと 
思わされた最後でした。トホホ。
でも大きなうねりを越えてゲットすると、
アウトにはいつもの顔ばかりで
数人だけの貸し切り。
笑顔で挨拶して、なんだか和やかで穏やかな
1年の締めくくり、入ってよかった。
そして今年は昨日の初乗り、いい波からのスタート。
今日はサイズが落ちてロングボードができたのだけれど、
フィッシュもログも本当に楽しい。
波の上を滑り出すあのドキドキワクワク
心臓が高鳴る瞬間は何万本と波に乗ろうと
一生変わらないのだろうね。
今年1年がより一段と一段と、
波に乗る事の素晴らしさを
感じられる1年になればいいな。
そんな今年出だしの元旦は、
初日の出見ようと6時から、
gantan3.jpg
去年も沢山一緒に
波に乗った、酔った、遊んだ、笑った、
YORIね♪
gantan2
今年も沢山遊ぼ♪
LOVE&PEACE♡
obi

PRANARI : Shizuka Matsuo

shizuka
先日、
家からトコトコ10分、
予約をしていたPRANARIに行ってきた。
づっと受けたかった
セラピストしずかさんのトリートメント♡
背中の痛みとか動きづらさとか、
YOGAをしてもお風呂に長くゆっくり浸かっても
マッサージボールでコロコロしても何をしても辛く
なんとなくカラダが悲鳴をあげていたこのタイミングで。
オールハンドトリートメントたっぷり130分に。
施術が入るとカラダをゆらゆらと揺らす
ロッキングというものから始まる。
すると脳があっという間に深いリラックス状態に。
空っぽの頭なのに寝ているわけではなく
不思議な空間を心とカラダがふわふわしているような感じ。
そんな状態からオイルで全身をトリートメントをしていく。
脚のつま先から頭のてっぺん髪の先まで。
長い長い時間の中で、しずかさんの手に
別の生命が宿っているようで
太陽のようなエネルギーと温かさを持ちそのパワーが
私のカラダの中に入ってくるような感覚。
マッサージも終盤になると、
自然と涙がジワジワ溢れてきて
涙1粒1粒の小さな粒にカラダの悪いものが
詰まって流れ出ている気がした。
終わってからしずかさんと顔を合わすと
またも涙がポロポロ。今度は違う涙。
愛の詰まったトリートメントに感動した涙、
本当に素敵なトリートメントだった。
過去
トリートメントやマッサージといえば、
トラディショナルジャワマッサージという、
カラダの悪い部分にふれるとセラピストが
ものすごいゲップというか
吸い取った悪いものを地響きのような
音を立てて口から吐き出すという
サイコ的トリートメントや、
連日のサーフィンで陽焼けし火照った肌に
粗塩スクラブを力いっぱいこすりつけてきた
あほんだらセラピスト、
激熱の熱湯ハーブボールが背中に振り下ろされる
ダチョウ倶楽部的スリランカの
アーユルベーダトリートメント
(多分質の低いトリートメント屋)、
腰の痛みにはこれだ と、
リアルななにかの木と葉っぱを渡され、
施術は足を力づくで引っ張り腰がより悪化し
3分もたたないうちにギブアップした
二度と会いたくないメキシコのゴッドハンド(?)
その時の自分のカラダに耳を傾け、
その土地土地のセラピストに会って
お願いしてきたけれど、
どれもこれも
歯を食いしばり耐え抜くものばかりだった。
そう、
だからこんなにもトリートメントが素敵なものなんだと
この歳にして感動してしまったのです。
今回、しずかさんとのセッションをして、
カラダの細胞が全部よろこんでいた。
shizuka2.jpg
やわらかい性格と芯の強さ、
しずかさんにもらう言葉の1つ1つが
すんなり心に入ってくる。
女性像としてもとっても素敵で魅力的な人だと思う。
だからこのトリートメントをGIVEできるのだろう。
是非一度カラダのどこかが苦しんでいたり、
心もたくさんのモノ、事でいっぱいになっていたら
PRANARIのトリートメントを受けてみてください。
カラダの話もとっても興味深く楽しいのです♪
obi

Sunset with yum champagne

oyo
やっぱり持ち寄りの家パーティーはいいね♪
山からの涼しいそよ風とセミの声、
美味しいご飯とキンキンのシャンパン。
つきないサーフィン話。
oyo2
あっつい夏陽が傾くころからの
ゆるい海やご飯の時間が
本当に気持ちよく大好き。
歳を重ねて、
陽が高い時間が苦手になってしまったけれど、
夏の早朝や夕方は
生きてるっていいなって感じるほど好きだ。
obi

at Takapuna with Toni.

toni1.jpgToniと逢えた日 at Takapuna。
Toniに逢うことも ミッションかつ夢の1つで
逢えたときは嬉しくで涙が止まらなかった~。
今回は一緒にサーフはできなかったけれど、
逢って沢山話しをして笑った。
Toniの話は面白い。いつも笑わせてくれる。
写真はおなかを凹ませているところ。
toni.jpg
7年前この時からもうお腹でてるね。
私のサーフィン人生を1からづっと知っている
大切な1人。また日本かNZで。
obi