moonjelly wetsuits

moon.jpg今、私の愛が止まらないmoonjelly
先日、オーダーしていた3mmが私のもとにやってきた。
デザイン、カッティング、着心地
どれをとっても大満足。
今まで色々ウェットを着てきたけれど、
職人のゴッチさんやデザイナーのYUIさんと
あれこれ話して決める1着は特別で格別なもの。
本当、工場で直接見ていると、
裁断したパーツ数の多さやそれらを縫製する技術、
私もミシンを踏むお仕事をしているけれど、
ウェットは作れない。いや絶対作りたくない。
そのくらい大変な作業。
本当に本当にたくさんの細かな工程を経て
カラダに吸い付くような素晴らしい1着になるんだと。
完全に職人技です。
今回オーダーしたモデルは以前作ったタッパーと同シリーズで、
胸の上で切り替えの胸がツンと見えるカッティング。
カラダのラインがキレイに見えるお気に入り♪
surf.jpg
海の中でも、海から上がっても
スキなモノに囲まれるって幸せだね。
obi

SURFSIDE STYLE MAGAZINE Blue. No,80

mag.jpgSURFSIDE STYLE MAGAZINE Blue. No,80
頑張った自分へのご褒美に!
という特集ページに
魅力的アイテム達に囲まれ
MOJAMOJAも掲載されています。
ありがたいね。
mag2.jpg
WAXポケットは
70’s vintageの生地で、ボタンは革ボタンを。
blue.jpg
ふかふかのノーズに、つるつるの裏地。
自分へのご褒美に!
SURF BUDDYに!
温かなお洋服を着せてみてください♪
obi

PRANARI : Shizuka Matsuo

shizuka
先日、
家からトコトコ10分、
予約をしていたPRANARIに行ってきた。
づっと受けたかった
セラピストしずかさんのトリートメント♡
背中の痛みとか動きづらさとか、
YOGAをしてもお風呂に長くゆっくり浸かっても
マッサージボールでコロコロしても何をしても辛く
なんとなくカラダが悲鳴をあげていたこのタイミングで。
オールハンドトリートメントたっぷり130分に。
施術が入るとカラダをゆらゆらと揺らす
ロッキングというものから始まる。
すると脳があっという間に深いリラックス状態に。
空っぽの頭なのに寝ているわけではなく
不思議な空間を心とカラダがふわふわしているような感じ。
そんな状態からオイルで全身をトリートメントをしていく。
脚のつま先から頭のてっぺん髪の先まで。
長い長い時間の中で、しずかさんの手に
別の生命が宿っているようで
太陽のようなエネルギーと温かさを持ちそのパワーが
私のカラダの中に入ってくるような感覚。
マッサージも終盤になると、
自然と涙がジワジワ溢れてきて
涙1粒1粒の小さな粒にカラダの悪いものが
詰まって流れ出ている気がした。
終わってからしずかさんと顔を合わすと
またも涙がポロポロ。今度は違う涙。
愛の詰まったトリートメントに感動した涙、
本当に素敵なトリートメントだった。
過去
トリートメントやマッサージといえば、
トラディショナルジャワマッサージという、
カラダの悪い部分にふれるとセラピストが
ものすごいゲップというか
吸い取った悪いものを地響きのような
音を立てて口から吐き出すという
サイコ的トリートメントや、
連日のサーフィンで陽焼けし火照った肌に
粗塩スクラブを力いっぱいこすりつけてきた
あほんだらセラピスト、
激熱の熱湯ハーブボールが背中に振り下ろされる
ダチョウ倶楽部的スリランカの
アーユルベーダトリートメント
(多分質の低いトリートメント屋)、
腰の痛みにはこれだ と、
リアルななにかの木と葉っぱを渡され、
施術は足を力づくで引っ張り腰がより悪化し
3分もたたないうちにギブアップした
二度と会いたくないメキシコのゴッドハンド(?)
その時の自分のカラダに耳を傾け、
その土地土地のセラピストに会って
お願いしてきたけれど、
どれもこれも
歯を食いしばり耐え抜くものばかりだった。
そう、
だからこんなにもトリートメントが素敵なものなんだと
この歳にして感動してしまったのです。
今回、しずかさんとのセッションをして、
カラダの細胞が全部よろこんでいた。
shizuka2.jpg
やわらかい性格と芯の強さ、
しずかさんにもらう言葉の1つ1つが
すんなり心に入ってくる。
女性像としてもとっても素敵で魅力的な人だと思う。
だからこのトリートメントをGIVEできるのだろう。
是非一度カラダのどこかが苦しんでいたり、
心もたくさんのモノ、事でいっぱいになっていたら
PRANARIのトリートメントを受けてみてください。
カラダの話もとっても興味深く楽しいのです♪
obi
今日は潮の上げ込みのタイミング、
絶対風も弱く波が良くなるであろう
予想し、昼前に海へ。
結果、思いっきりよれていたし
ホレホレのダンパー祭だった。
ただこうゆうラウンドでのサーフィンは、
“価値のある1本”があると信じている。

ちょっと癖のある波、
ドルフィンが効かないセットの泡、
強いカレント、
そんな気難しいコンディションの中で
たった1本、テイクオフだけでも
ちょっとチャレンジングなサイズでも
なんでもいいけど、
他人はどうあれ自分なりに
おおっ!と思える1本があるかが重要。
今日もそんな日。
ほんの小さくレベルアップしたような気がした。
yuzu.jpg
さて我が家では、月末のハロウィンに向け、
早々にこんな感じに盛り上がっております。
スターウォーズのウィケットみたいで
なんとも可愛い。
まもなく10月も終わり。
MOJAMOJAもフル稼働しています。
色々アイテムもUPしているので
ぜひぜひ見てみてください♪
obi