わざわざ アランウール靴下

IMG_0609.JPG年末の追い込みで忙しい中、
自分のテンションをあげるため新しい靴下を慎重した。
私は白の靴下がとてつもなく好きで
靴下シーズンは白や生成りが大多数を占める。
リブ・ウール・モヘア・カシミア・オーガニックコットン…
なんて言葉にめっぽう弱く
というか、そういったニット全般が好きすぎる。
そんな私の靴下ピラミッドの頂点にいた
アランウールの靴下をついにゲットしてみた。
aran2.jpg
んて可愛いのだ。うっとり。
aran3.jpg
汚ったないvansとデニムの隙間から
チラチラチラチラ見せていこうと思います。
これはもっと揃えたい♡
ちなみに戯れつこうとしている足はYUZU GIRL。
靴下に飛びついてケリケリしたい様子だけど
なにがなんでも全力で阻止します。

obi

広告

my surf life

yasi.jpg
先日、家前のブレイクを離れ
ログ・フィッシュを積んで北へドライブ。
umi.jpg
トコトコトコトコ3時間でたどり着いたブレイクは、
こんな興奮のつるつる波でした。人もいない、早く入らねば。
貸し切りメンツル胸波。ちょっと厚めな波質だったのでログでいざ。
パワーのあるテイクオフから滑り出し
ボトムからウォーキングでトップへ、
カットバックをしてまたトップへの繰り返し。
クリーンなフェイスに板が吸い付き流れる感じが本当に気持ちいい。
まるでリーフのようなポイントブレイクの波。
いつもと違う景色や香り雰囲気、人、
たどり着くまでの道中での尽きることないサーフィン話。
たまにこうして足を伸ばしてみると
また新しい自分のサーフィンに出会える。
最近変えたフィンもだいぶ調子がいい。
2018年も残り1ヶ月。
今月も波、乗り倒そう。
obi

end of year

mac.jpg
仰天。気づけばもう12月目前。
11月は我が家に新入りのYUZU CATがきたり、
MOJAMOJAの縫い作業をどんどこ進めてきたり
波が良くて秋海をかなり楽しんだり、、、
とても慌ただしく過ぎた1ヶ月だった。
なんせ陽が短いから朝からフルダッシュで動かないと
海も仕事も猫も家も とうまくいかない。
ていうか時間が足らない。
でも1日のドタバタな中でも、
海に浸かる時間だけは、
ゆったりと時間が流れている気がする。
季節のにおいとか、陽の傾きとか、
知っている顔が沢山で笑って波をシェアして過ごす海時間。
最高。
サーフィンばっかりしてないでミシン踏んでくれよ。
って感じで、、、作らなきゃいけないものが沢山なんですけど…
12月はきっと挽回できると思います。
平成最後やればできる。
obi

OHAGI BOY vs YUZU CAT

yuzu.jpgこのかわいい尻の子YUZU CAT。
夏くらいから家の周りに出現したギャルのミケ。
人懐っこく毛並みもキレイで、
多分誰かが捨てたんだと思う。
づっと他の数匹の野良と共に、
温かいミルクとカリカリを与えていたのだけれど、
この子はまだまだ子どもだし、
人のぬくもりが大好きなのがものすごく伝わってくる。
日に日にすす汚れていくのも心が痛み
悩んだ結果、
我がMOJAMOJAのスタッフとして雇うことにした。
先住猫OHAGI BOYもいるので、
先ずは病院でエイズ・白血病。寄生虫などの検査。
プラスのみ退治の薬と
三種混合ワクチンもブチこんでもらった。
ひとまずすべてクリア。頑張ったYUZU CAT
これで晴れてMOJAMOJAファミリーとして
JOINしたのだけど、
先輩OHAGI BOYとの関係にまだ時間を要するようで
かつて怒った事が1度もないOHAGI BOYが
初めて見せる威嚇行為、ごめんねオハ坊。
でもゆっくりゆっくり時間をかけて、
2匹の仲を縮めていこうと思います。
だってYUZU CATにも馬車馬のように働いてもらわなきゃ。
これからOHAGI BOY・YUZU CAT共に
MOJAMOJAスタッフとして時々登場します。
・・・・・・・・
猫ももちろん猫以外の動物も、
みんな人間と変わらない感情を持っています。
嬉しいとか楽しい、寂しい・悲しい、寒い、冷たい、痛い、
全部同じ。
一度飼うと決めたら必ず最後まで看取るまで
一緒に暮らしてください。
むしろ”飼う”なんて偉そうな事は言ってはいけないと思う。
共に生活するって私達が与える以上に、
GIVEしてもらえることのほうが多くて
言葉にはできないほど、
すごくすごく幸せな気持ちにさせてくれるのだから。
・・・・・・・・
neko