This must be fate!

ちょっと前の昼間、
自宅で仕事をしていると外でミーミーと泣き叫ぶ声が。
声のする方向へ向かうと
それはそれはチッちゃい仔猫が
雑林の金網にしがみつき震えていた。
親もいない、このままでは死んでしまうと
迷わず連れて帰ってきてしまった。
病院につれていくも、
先生は生後1日くらいしか経っていなく
あまりにも小さい。
親からの母乳をもらっていない子は免疫力も低いので
かなり難しいから万が一命を落としても仕方がない。
温めてミルクを与え続けて、
あとはこの子の生命力次第かな とのこと。
いうことで、面倒みること
なんと本日5日目。
なんとか命をつなげている。
en
母ちゃん、
三男坊のために3時間おきのミルクと湯たんぽで
奮闘しており完全に寝不足です
毎回仔猫のゲージを開けるたびに、
生きていてくれよ と願う毎日だけれど、
そんな親の心配をよそに
ひっくり返ってあくびして寝ていたり、おならしたりと
峠は越えたのかな(まだ油断はできなけど)。
先住猫のポニ&ユズは
戸惑いを隠せなさそうにソワソワしているけど
ちょっとづつちょっとづつ慣らして、
いつか3匹で走り回るのを夢見てる。
ミルキーな香りとポヤポヤしたベイビーヘア、
ひょうたんみたいな ぽってりフォルム。
愛くるしすぎる。
この三男坊の名はエン。
“縁”のエンでもあり、
“円(サークル)”のエンでもあり、
円高にちなんで”日本円”のエンであり、
ポニ エン(&)ユズ!と
呼ぶ時に入っているエンでもあり、
とにかくこんな世界の時に出逢えた事と、
まあるく まあるく円で包むような、
温かいそんな存在でいてくれたらと願って命名。
ポニ、ユズ、エン。
20年ちょっと前に家の前の木の下で
捨てられていた小太郎を想い出した。
あの時の小太郎も死にかけていたけれど、
みごと18年も生きれたね。
今回も母ちゃん頑張るからエンも頑張ってね。
po.jpgnekoneko2.jpg
兄ちゃんと姉ちゃんも
応援してるぜ。
もし今、今までどおり海に入る生活だったら
エンには出逢えなかったかもしれない。
これもすべては何かの縁。
neko
surf.jpg帰国してからログばっかりだったから、
先日ようやくFishに乗れた。
このFinやっぱり調子いい気がする。
Loco920*のヒロさんが作ってくれたもの。
見た目の可愛さだけじゃない。すごいな。
その日は水量もパワーもサイズもあったけど、
いい波乗れた♪
そしていつものブレイクのレフトが
また良くなりはじめてる♪
———–
自粛だからサーフィンもしない。
という考えも1つあるけれど、
それがその人にとって、
ひどいストレスになるのであれば、
時間や曜日、潮回り等で
人を軽減し海に入れることは多々ある。
サーフィンだけじゃないね、
ちょっといつもより早起きをして近くの公園まで歩くとか、
昼間の太陽の下、コーヒーを持って
近所の桜をひっそり見に行くとか、
1人でポッと自然の中に身を置いて肌で呼吸をすると
ココロもカラダも脳みそもリセットされる。
私は1人というのが重要なポイントだと思っていて、
1人だとニュートラルに戻れたりしませんか。
黒でも白でもなくて中間な感じ。
とくに私達サーファーは
ほとんどの人が最初から最後まで1人なんです。
(※たまに大人数でポイントパニック並に入ってきて
オラオラしている人達もいますが)
海からの、地球からの、パワーとエネルギーを
ダイレクトに感じ受け取れる。
波と自分
贅沢にも1人時間をたっぷり、そして頭の中はクリアに。
ちょっと家の中で疲れたなと思ったら、
“人”のいない自分だけのスペシャルなポイント(時間等)を
知っておくと
なんとなく息苦しい時もそれが小さな楽しみへと
変わるかもしれない。
book.jpg
book2.jpg
book3.jpg
我が家のトイレ、寝室に置いている本。
トイレではかならず毎日読むのだけれど、
どう受け止めるかはその人次第。
私はづっと好き。
こんな今だからこそ更に響く言葉がたくさん詰まってます。
obi

Island Trip

surfrote.jpgコロナの影響で
行くか行かないかの瀬戸際だったけれど、
私の意思は変わらずだったので
この島にやって来た。
行きたいという夢の場所の1つ。
3回のフライトはけっこうカラダにこたえたけれど、
到着すると宿も私達2人だけ、そして
ここのスペシャルなアウターリーフのレフトも
毎日貸し切り、
たまに遠くにポツポツいるけれど、
好きなピークは毎日貸し切りという
異常なTripとなった。
とにかく人がいない。
この島は大多数がキリスト教徒なので
日曜の礼拝の時なんて、
エメラルドのビーチすべてにも人が
いない  
見渡しても私達と野生のブタだけ。汗
今、こんな世の中だけれど、
宿の人は来てくれてとても喜んでいた。
来月も次々にキャンセルが入っていると肩を落としていた。
世界が落ち着いたらね、また戻ってくるよ。
mise.jpg
このお店は村で唯一のおしゃれブティック。
ばあちゃんの手編みの素朴なハットをゲットできた。
rotewave.jpg
さて、肝心の波はというと、
ボートで向かうこと10分ちょっと。
アーリーシーズンだし今日も波小さいよと
言われていたけれど、
連日頭前後or moreはあり私には十分だった。
貸し切りということもあり、
とっかえひっかえ乗れる。
いい波1本乗ると200mくらいは乗りつなげてしまう。
潮回りもよくって朝と夕方にできるけれど、
疲れすぎて途中から
朝の一番クリーンな時間だけにフォーカスし
長めにSURFしたりと調整。
嗚呼、今すぐまた乗りたい波。
きっと今も、誰にも乗られず毎日割れているのだろうね。
timor.jpg
ここはまた来れたらいいな。
また1つ素晴らしきレフトウォールに
出会え、そして想い出深い旅になった。
obi

holiday

blanket.jpg毎日がバタバタで
WEB・ONLINEに色々UPできませんでしたが、
この、できていないまま…
明日からMOJAMOJAおやすみをいただきます。
制作は、
この冬最後かな?というブランケット2枚
湘南のHRS様に春色のボードバッグが8枚入荷♪
そして先輩のお仕事でイラストを描いたTeeも完成します。
他にも色々作ってきたのですが、
戻ったらWEBも春夏色に変わるので
やることない暇だなという時に
ぜひぜひCHECKしてみてください。
さて、忙しいといいつつ、なんなんですけど、
昨日は南へトコトコログを積んで行ってきた。
潮の引き出した頃から入り、
イマイチだった波が、サンセットに激変。
ピンクに染まる空にメンツルの波
しかも私達の貸し切りで、
腹たまに胸の高速ウォール出現。
テイクオフからの即ノーズ、
激早でレフトをづっとづっと駆け抜けられるという。
興奮してしまい乗りながら絶叫した。
海外かと思うほど今年1の波だった。
嗚呼また乗りたいな。
さあこの休みはどんな波に乗れるのか。
何年も前に行ってみたいと思い
情報をブックマークに入れていた場所。
この冬はそのちょっと忘れかけていた
1つの夢が叶うことになる。
トランジット2回、1日以上かけてたどり着く所。
ビキニも揃えたし、日焼け止めやヘアケア、
色々万端。
あとは、
入国規制がかからないことだけを祈って。
obi

kikicat life

kiki.jpg我が家のデッキで暮らしている黒猫KiKi。
最近、KiKiハウスを変えてみた。
(以前はコレ)
やはりいくら防水の為にとテープをクルクル巻いても、
所詮ダンボール。
だんだんと内側が湿気を吸い込んでいるような感じだったので、
野菜ストック用の発泡スチロールBoxに変更。
厚手の発泡スチロールだから
完全防水だし保温性もいいような気がする。
そして何より衛生的!というのがいい。
毛布の下に仕込む湯たんぽとホッカイロで
この冬はぬくぬくだね。
日中KiKiはデッキで春のような陽差しを
楽しんでいることが多いので、
日々の汚れや足の踵から出ている体液が付着し
カチカチになった尻尾の毛など
お湯やペットアロマスプレーで拭いてあげているのだけれど、
その時間がどうやらとっても気に入っているようで
ゴロゴロ言って足をフミフミ動かして
とてもかわいく、私も好きな時間。
ただ、最近気がついたことがあって、
KiKiの耳が十分に機能していないということ。
呼んでも耳が動いていないことに気がつき、
今日も海から帰ってきてKiKi!と声をかけても
気づいていなく、
近くまでいったらびっくりしていた。
どうりでと思い返すこともあるのだけれど、
多分聴力がほとんど失われているよう。
なんだか不思議なものでより一層愛おしくなるのね。
KiKiがまだまだいっぱい幸せだと感じられるように
できる限りのサポートと愛情を
いっぱいあげようと思う。
neko