Typhoon swell

mari.jpg先輩からのお誘いを頂き下ること南へ40分。
某リーフにて。
久々にサイズある波にログで入った。
セットは3本1組でサイズも頭前後。
バックサイド、セットのいい波での長いノーズは最高に気持ちよかった。
サーフィンしていて一番快感のテイクオフも
長い斜面に対してログのどどどどっとボトムに落ちていく感じがたまらなく、
興奮と大満足の1ラウンドでした。
台風19号からのうねり堪能♪ごちそうさまでした♪obi
広告

backswell

sora.jpg
昨日の朝、家の前のブレイクへ。
台風のバックスウェルを求めたくさんのサーファーが来ていたけれど
大多数は堤防挟んで左の面ツルツルのレギュラー波狙い。
対して、堤防挟んで右はガタガタのレフトでガラガラ。
ということで、
ここのレフトはいつもこういった大きなウネリが入った後、
実は見た目と裏腹で隠れ波が存在しているのを知っている。
ということでいざレフトへ。貸し切りだ!
パドルアウトを始めると、
すんごい勢いのカレントでアウトまで一直線。
で、
すんごい勢いとパワーのある特大セットをくらって、
インサイドまで一直線。
退散。
誰もいないには理由があるということで。
そして夕方、気を取り直していざレフトへ。
朝とは違いまとまってきていて、ここの本領発揮。
まるでリーフのような波を夕方の1時間暗くなるまで楽しめた。
fish.jpg
1年ちょっとこのFishを乗ってきて、
やっと少しづつ大切な相棒になってきているのを感じるこの頃。
初めて手にして乗ったときは、
こんな板難しくって私には無理かもって思ったけれど、
今はこの子なしでは考えられないし、
もっともっとたくさん一緒に波に乗りたい。
何度もBlogで書いているけれど、
Dear & YonderでPrue Jeffriesが
coolにビキニでグライドしているシーンがあって、
それがづっと頭にこびりついている。
My Fishと波に向かう時はそういった気分で。
そうゆう自分だけのストーリーがあるのもサーフィンの楽しいところ。
je.jpg
Prue-4.jpg
Prue-1.jpg
obi

 

patchwork cushion

blog.jpg
ボードバッグのデザイン中、
かわいいかもと脱線してクッションになりました。
色味の近いコットン生地をパッチワークしたもの。
表地は2枚仕立てにして裏のレトロな花柄がうっすら見えます。
blog3.jpg
レトロさもあり、とってもCUTE♪
blog2.jpg
もちろんこのタイプのボードバッグもちゃんと縫って完成。
とても色がいい感じ。
このクッションはMOJAMOJAのHPやOnlineにもならびます♪
夏のお部屋に、車にキャンプに!
さて、ココ最近風ビュービューの超コナミだった毎日。
昨日は、波ちょっと上がっていいよ!と教えてもらいログで。
波が良すぎて乗りすぎた。
ただ外気倒れるほど汗だくに対し、水はギンギンに冷えています。
obi

indo quality

昨日の夕方のセッション。
風が止みフェイス整い肩頭のインドネシアクオリティ波出現。
6人そしてラストは3人でレフト貸し切り。
虹がでていて真っ赤赤に焼けた空に、
スペシャルな波に、
心からしびれたーーーーー。
どんなときでも海に入っているとご褒美がある。
最高なセッションでした。
obi

 

SUNSET SESH

今日の夕方の波は、まったくいつもとは違う表情だった。
久々のバタゾを引っ張り出していざ。
水量もすごくて砂が溜まっているのか急に棚みたいに掘れ上がる。
カレントもすごくてパドルしっぱなし。
巻かれたセットでは久々に死ぬかと思うほどぐるんぐるんで、
ドルフィンもきかず、前歯と板がクラッシュ。
みっちりワックスがこびりついた前歯で、負けじとゲットすると
沖にいた先輩がぼそっと、
サーファーってドMだよね。。と。
今日も10パド筋くらいレベルアップ。
obi