one day trip (T_T)

tane.jpg準備万端で、パッキングをし、
1週間前あたりからにらめっこしていた
当初直撃予想だった台風も
微妙に逸れるということで出発した今回のTrip。
成田から鹿児島へ、
そして鹿児島で1泊して翌日
友達と合流し、いざ種子島へというプラン。
が、鹿児島の夜なんだかモヤモヤしはじめ
わかっていたのにGoを出した自分に
それで良かったのかと自問してみた。
種子島は確かに逸れたが、じゃあ千葉は?
ポニやゆず、新しい家、家族が
私不在でモンスター級台風を乗り切る。
と考えたらやっぱ帰るべきだと。(今更) 
決まれば早い。
キャンセルできるエアチケを即キャンセルし、
新しく取れる朝一のエアチケを購入。
鹿児島1泊からの翌日11日、
大至急千葉へ帰還した。
合流の友達とは空の上のどっかですれ違った。汗
重いボードケースにでかい
バックパックを持った鹿児島1泊旅行。汗
波にも乗らず、合流する友達にも会わず、
種子島で待っている友との再会もできず
地のものに舌鼓することもなく
引き返す。汗
その鬱憤は、
贅沢パックを朝にたっぷりつけ、
いつもケチケチつかう美容液も
これ見よがしに塗りたくった。
フライト中は、
加湿マスクをし、目には温かくなる
めぐりズムをのっけて
顔じゅうラグジュアリーにした。
ということで、
昨晩は無事私も帰り
台風を乗り切れた我が家なのでした。
ニャンズたちも嬉しそうだったし、
安心していたし、
普通どおりご飯も食べて通り過ぎるのを待てた。
結果、久々の種波には乗れなかったけれど、
この選択で良かった。
行きは成田から出発、帰りは羽田行きだったので
我が愛車もまだ成田。
今晩はトコトコ成田へ取りに向かいます。
MOJAMOJAも早めから再開できそう。
台風で被害がたくさんでています。
どうか早く穏やかな毎日に戻れますように。
obi

Raglan ~ Whangamata

nz.jpgNZです。まずはRaglanから
そして今はWhangamataという街にいます。
WIFIが安定せず、
バッパーも満員で暗闇ブッシュで車泊したりと
昔来たときと何もかわらずな生活で楽しいです。
夜は8時過ぎまで明るく、
サーフを終えて着替えるともう9時。
夜の真っ暗な空を見上げると、
ものすごい数の星と天の川が詰まっていて、
一瞬にして疲れがふっとぶほど。
肝心の波は、絶叫するほどの長い長い波。
緑いっぱいの道をドライブして、
ゆるいオフショアの海へ静かにパドルアウトする瞬間は
言葉にはできない。
なんだろうジンワリと熱い気持ち。
ただただ、
サーフィンを続けてきてよかったと思う。
初めてきたのは13年前、2回目は7年前、
ここの波を改めて滑ってみて、
また新しい景色が見れている自分がいる。
来週また新しいスウェルが入ってくるようなので、
すごく楽しみです。
のどかで、のんびりで、時計の針が
ゆっくりと動いているように感じるこの国は
昔とほんとうに変わらずそのままの姿。
単純な言葉だけれど、
すごく美しい。この言葉しか見当たらない。
nz2.jpg
そしてその美しき自然いっぱいの中で
フィッチをむさぼり食う。
揚げ物って本当うまい。
今日は久々の宿でベッドに熱々のシャワー嬉しい。
WIFIも安定中。
波情報をチェックしつつ明日はサーフ後
一気に8時間くらいかけて北へ上ります(多分)。
そこも素敵な場所なので、
WIFIが機能したらBlog書こうかな。
途切れ途切れの
忘れかけていた過去の記憶が1つの線になる。
人間の記憶ってすごいのね。
そして新しい楽しい想い出が
また自分の人生にプラスされています。
サーフィン続けてきて本当によかった(2回目)。
続けてこなかったら、
こうゆう気持ちにはなれなかったのだから。
obi

MOJAMOJA and then NZ

気づけば2月間近。
今年に入ってひったすらミシンを踏むに徹しています。
ボードバッグやデニムを解体したDunia Buluu、
ランチョンマット等、色々いただいている
オーダーをチクチク縫いまくっております。
その制作の中でも特にお気に入りはこちら、
op_1
メンズのOP。
ワンピースという感じよりも
だっぽり着る上着のような雰囲気。
ミリタリーカーキでお任せというご依頼だったので
背中に切り替えを入れてみました。
一針一針ハンドステッチで生地をおさえています。
脇にはシームポケットもついている便利OP。
op_3.jpg
op_7.jpg
海あがりにも、CAMPでも旅先でも、
ざくっと着てお出かけできそう。
私も欲しいアイテムの1つ。
さて、来る2月も月末まで
ミシンをどしどし踏む月になりそうです。
そして今年始めのTRIPは
末から7年ぶり3回目のNZラウンドへ。
私のサーフィンや人生観を大きく変えてくれた国。
1回目でコテンパンに死ぬ思いをし、
2回目でちょっと違った景色を見ることができ、
そして3回目の今回、
なにか新しいサーフィンができるんじゃないかと思い
Raglanリベンジしてきます。
もちろん他のスペシャルなレフトも爆走ラウンドしながら
ハントしまくってきます。
今回我が相棒のログ・フィッシュともに連れていくという
贅沢旅。
過去の記憶や地図をひっぱりだし、
あれやこれやと楽しみを膨らませています。
raglan.jpg
トイレに座るのも楽しみの一つ。
さて2月もNZまでラストスパート
頑張りましょう♪

obi

MISAWA CLASSIC 2018

misawa.jpg
行ってきました。東北。
全走距離1700km超え。
久々のロードトリップ。ログ×2フィッシュ×2
ロングジョンからネックエントリーまで大量に積み込み夜中に出発。
翌日の昼には青森の三沢に到着。
先に青森に着いていた先輩や
仙台からのお友達も波ヤバイよ!と連絡をくれていてようやく1R。
波はサイズ胸前後。そしてクオリティ高い。テンション上がる。
翌日のMISAWA CLASSICに備え、ゆっくり体を慣らしてサーフィンができた。
misawa1.jpg
misawa2.jpg
MISAWA CLASSICでは、ウィーメンはメインPではなく隣の
波が良いとは言えないBポイントでの開催。
まだ1ヒート目はダンパーでも走れるフェイスがあり良かったけれど、
2ヒート目の時間帯にはオンが入りぐちゃぐちゃで引き引き。
私はこの2ヒート目の12分間にセットを待ったが来ず敗退 涙
メインでやりたかったな~。
でも、沢山の人と知り合えたり、みんなで笑い応援したり、
すごく自分のSURF人生に新鮮な刺激となった旅路でした。
三沢は最高にいいところ。
ここはまた戻ってきたい場所の1つ。
こじんまりとした町で人もとても優しい。
夜も、美味い・安いとはしごが止まらない町でもあります。
misawa3.jpg
大会の翌日からはみんなと別れて、
ローカルの人が連れていってくれたリーフへ。
このレフト、ロケーションを見た瞬間、
NZのRAGLANを思い出した。
misawa4.jpg
misawa5.jpg
朝靄の中ひんやりする空気を感じながら
海へパドルアウトするのが気持ちいい。
一足先に秋を感じるのも悪くないね。
来年ももちろんMISAWA CLASSIC、リベンジ リベンジ♪
misawa.png
千葉からのメンバーで♪
いい旅路、楽しかったーっ。
obi

Heading North!447.387mile

blogsurf.jpgMOJAMOJAのおやすみのお知らせです。
9月13日~23日までMOJAMOJAおやすみとなります。
Onlineの発送は戻り次第。メールの返信は随時となります。
——————
といっても今回はかなりショートなTrip。
720km北上し、そこからスウェルをみつつ南下予定。
今回の第一の目的は北海道の真下、
青森の三沢でのMISAWA CLASSIC出場。
私の相棒ちゃんのログと一緒にトコトコ、ロードトリップしてきます。
久しぶりに逢えるお友達もいたりとワクワク。
いつもは我がログはお留守番で短い板だけのTripばっかりだったから、
連れてってあげれるのが嬉しい。いい波乗らせてあげたい。
Im READY for tripppppp woooooooo-hoooooooooo!!
obi