surf.jpg帰国してからログばっかりだったから、
先日ようやくFishに乗れた。
このFinやっぱり調子いい気がする。
Loco920*のヒロさんが作ってくれたもの。
見た目の可愛さだけじゃない。すごいな。
その日は水量もパワーもサイズもあったけど、
いい波乗れた♪
そしていつものブレイクのレフトが
また良くなりはじめてる♪
———–
自粛だからサーフィンもしない。
という考えも1つあるけれど、
それがその人にとって、
ひどいストレスになるのであれば、
時間や曜日、潮回り等で
人を軽減し海に入れることは多々ある。
サーフィンだけじゃないね、
ちょっといつもより早起きをして近くの公園まで歩くとか、
昼間の太陽の下、コーヒーを持って
近所の桜をひっそり見に行くとか、
1人でポッと自然の中に身を置いて肌で呼吸をすると
ココロもカラダも脳みそもリセットされる。
私は1人というのが重要なポイントだと思っていて、
1人だとニュートラルに戻れたりしませんか。
黒でも白でもなくて中間な感じ。
とくに私達サーファーは
ほとんどの人が最初から最後まで1人なんです。
(※たまに大人数でポイントパニック並に入ってきて
オラオラしている人達もいますが)
海からの、地球からの、パワーとエネルギーを
ダイレクトに感じ受け取れる。
波と自分
贅沢にも1人時間をたっぷり、そして頭の中はクリアに。
ちょっと家の中で疲れたなと思ったら、
“人”のいない自分だけのスペシャルなポイント(時間等)を
知っておくと
なんとなく息苦しい時もそれが小さな楽しみへと
変わるかもしれない。
book.jpg
book2.jpg
book3.jpg
我が家のトイレ、寝室に置いている本。
トイレではかならず毎日読むのだけれど、
どう受け止めるかはその人次第。
私はづっと好き。
こんな今だからこそ更に響く言葉がたくさん詰まってます。
obi

vintage cheka pants

pants.jpg
帰国してからは、
ひたすら毎日縫う作業を。そしてようやく
まず1区切り目のパンツがたくさん縫い上がった。
このvintageのお花生地のパンツの他にも大量に完成。
家で過ごす時間が増えたこの頃、
家の中でも楽ちんでいて、
ちょっとでも気分がワクワクする
お洋服になってくれたら嬉しいな。
stay at home with flower!
310_2.jpg
こちらは唯一のストックできました。
30inch。
vintageのかすれた色合いのフラワー生地に、
チェリーレッドとスモーキーピンクの
コーデュロイを合わせた1枚。
メンズでも、ゆるっとレディースでもOKなパンツ。
毎日の生活に、色を取り入れてぜひぜひ
まずはココロにも色を、
そしてHAPPYに♪
home.jpg
さて、この2ニャンズもお家時間、
かなりかなり楽しんでいます。
春がきて毎日大暴れです。
obi

BEACH PANTS 2020

pant1.jpg今年のMOJAMOJAのBEACH PANTSは
パターンを変えてハイウエストにしてみました。
花びらみたいにウエストをクシュッと結んで、
丈の短いtopsや、TEEの裾を結んだり、
キャミソールをインしてみたり、
すごくいいシルエットになった♪
pant3.jpg
ウエスト部分は今まで同様ゴムと紐で結ぶ感じに。
そのウエスト見返し部分はまた違う色を使っているので、
チラチラと見えるのが可愛いです♡
pant2.jpg
私も島に1枚こさえて持っていきました。
ブルーグリーンのリネンで作ったお気に入り♡
ウエスト見返しはパープルがチラチラ。
私はメンズのタンクをぶかっと着て、
ウエストを結んで合わせるのがお気に入り。
pant4.jpg
ふんわり風も通り抜けて心地よいので
after surfにぴったりです。
もう少ししたらストックもUPする予定なので
ゆるゆるでカラフルなパンツ欲しいなと思っている方は
ぜひぜひチェックしてみてください。
エキゾチックカラー盛りだくさん!
とにかくUPするものがかなり大量なので
近々籠もってPCにかじりつきます。
obi

Island Trip

surfrote.jpgコロナの影響で
行くか行かないかの瀬戸際だったけれど、
私の意思は変わらずだったので
この島にやって来た。
行きたいという夢の場所の1つ。
3回のフライトはけっこうカラダにこたえたけれど、
到着すると宿も私達2人だけ、そして
ここのスペシャルなアウターリーフのレフトも
毎日貸し切り、
たまに遠くにポツポツいるけれど、
好きなピークは毎日貸し切りという
異常なTripとなった。
とにかく人がいない。
この島は大多数がキリスト教徒なので
日曜の礼拝の時なんて、
エメラルドのビーチすべてにも人が
いない  
見渡しても私達と野生のブタだけ。汗
今、こんな世の中だけれど、
宿の人は来てくれてとても喜んでいた。
来月も次々にキャンセルが入っていると肩を落としていた。
世界が落ち着いたらね、また戻ってくるよ。
mise.jpg
このお店は村で唯一のおしゃれブティック。
ばあちゃんの手編みの素朴なハットをゲットできた。
rotewave.jpg
さて、肝心の波はというと、
ボートで向かうこと10分ちょっと。
アーリーシーズンだし今日も波小さいよと
言われていたけれど、
連日頭前後or moreはあり私には十分だった。
貸し切りということもあり、
とっかえひっかえ乗れる。
いい波1本乗ると200mくらいは乗りつなげてしまう。
潮回りもよくって朝と夕方にできるけれど、
疲れすぎて途中から
朝の一番クリーンな時間だけにフォーカスし
長めにSURFしたりと調整。
嗚呼、今すぐまた乗りたい波。
きっと今も、誰にも乗られず毎日割れているのだろうね。
timor.jpg
ここはまた来れたらいいな。
また1つ素晴らしきレフトウォールに
出会え、そして想い出深い旅になった。
obi

holiday

blanket.jpg毎日がバタバタで
WEB・ONLINEに色々UPできませんでしたが、
この、できていないまま…
明日からMOJAMOJAおやすみをいただきます。
制作は、
この冬最後かな?というブランケット2枚
湘南のHRS様に春色のボードバッグが8枚入荷♪
そして先輩のお仕事でイラストを描いたTeeも完成します。
他にも色々作ってきたのですが、
戻ったらWEBも春夏色に変わるので
やることない暇だなという時に
ぜひぜひCHECKしてみてください。
さて、忙しいといいつつ、なんなんですけど、
昨日は南へトコトコログを積んで行ってきた。
潮の引き出した頃から入り、
イマイチだった波が、サンセットに激変。
ピンクに染まる空にメンツルの波
しかも私達の貸し切りで、
腹たまに胸の高速ウォール出現。
テイクオフからの即ノーズ、
激早でレフトをづっとづっと駆け抜けられるという。
興奮してしまい乗りながら絶叫した。
海外かと思うほど今年1の波だった。
嗚呼また乗りたいな。
さあこの休みはどんな波に乗れるのか。
何年も前に行ってみたいと思い
情報をブックマークに入れていた場所。
この冬はそのちょっと忘れかけていた
1つの夢が叶うことになる。
トランジット2回、1日以上かけてたどり着く所。
ビキニも揃えたし、日焼け止めやヘアケア、
色々万端。
あとは、
入国規制がかからないことだけを祈って。
obi