Blue. SURFSIDE STYLE MAGAZINE No.81

blue.jpg先日発売された
Blue. SURFSIDE STYLE MAGAZINE No.81にて
私の旅路アイテムを紹介させていただきました。
blue2.jpg
他の男性の方々がかなり小綺麗LOOKに対し、
私は…まじめに小汚い旅LOOKになってしまった。
もっとパタゴニアとか羽織って
洒落たカッコしていけば良かった。
でもこうしてSURFTRIPの特集に載せてもらえるなんて、
夢のよう。
サーフィンを初めてからすぐに
サーフトリップというものを知り、
異国を自分の愛する板と共に駆け巡ることが、
こんなにも楽しく、豊かなんだと稲妻が落ちた。
時に辛く、困難もありトラブルもしょっちゅう
言葉の壁にくやしい思いもかなりした。
でも必ず行った後には、
すばらしき余韻が残る。
そしてまた次のTripを夢見る。
今に至るまで、
ボーイフレンドと、サーフメイトと、はたまた1人で
と色々な旅路を歩んできたけれど、
それぞれに違う味があり、
それぞれに良さがある。
時に女1人でバカじゃないのと言われたり、
自分なりの、行き方やちょっと面倒な行き着くまでの過程
に対しても良く言われなかった事もあったけれど、
遠回りや長いトランジット、
車中泊、汚い宿、ブッシュ泊、上等じゃないか。
だってしょうがないのだもの。
(今はなるべくしたくないけど)
正解はなくて。
100人いれば100通りの幸せを感じる路があるのだと思う。
そんな色々な経験が今の自分を作っている。
たまには豪華客船とかでSURFTRIPとかしてみたいけど、
次もまた今までのように
自分らしい旅路になるのかな。
今年2020年はどんなSURF & TRIPの年?
Blue. SURFSIDE STYLE MAGAZINE No.81
ぜひぜひ見てみてね!
mexi.jpg
obi

SURFSIDE STYLE MAGAZINE Blue. No,80

mag.jpgSURFSIDE STYLE MAGAZINE Blue. No,80
頑張った自分へのご褒美に!
という特集ページに
魅力的アイテム達に囲まれ
MOJAMOJAも掲載されています。
ありがたいね。
mag2.jpg
WAXポケットは
70’s vintageの生地で、ボタンは革ボタンを。
blue.jpg
ふかふかのノーズに、つるつるの裏地。
自分へのご褒美に!
SURF BUDDYに!
温かなお洋服を着せてみてください♪
obi

10月号No49 Blue. ”UPCYCLE STORY”

blue

10月号No49 Blue. SURFSIDE STYLE MAGAZINEの特集、
”UPCYCLE STORY”で、
たくさんの物を創る人のストーリーや
その手によって産まれ変わった素敵なグッズがピックアップされていて
とっても読みごたえがあります。
そして、その中にMOJAMOJAもちょこっと載っています*
blog3
”デニム”というマテリアルは本当に昔から大好きで、
服飾専門学校に行っていたときもデニムを継ぎ合わせた
ジャケットを作って提出したり、
デニムにパッチワークをしてオリジナルを作りあげ履いていたり、
昔から相変わらず好きな物は一緒で
今も変わらずその美しさにひかれる一方です。
”デニム”を作る工程や生産地等、お洋服のお仕事をしていた時は、
そんな背景もたくさん知る機会がありました。
ただ、
生産地やその織、素材うんぬんも確かに素晴らしい物がいいけれど、
”誰”かが『はき続けた、愛着のある汚れや傷や色』に興味があります。
安いデニムだって高いデニムだってその人にとっては大切な1本。
ひざが出てきても、破けても、大切にずっと履いていたデニム。
今、こうして物を創るお仕事ができているけれど、
私がただただサーフィンをするサーファーだっただけで、
きっと他のフィールドにいてもこうした物作りはしていたと思う。
私も思い入れのあるデニムはNEW ZEALANDをラウンドしていた時の1本。
本当、どんな時も一緒で1年をかけてボロボロになるまで旅をしたから。
もう色も落ちて穴もボロボロで、でも、みすぼらしいとは思わなかったし、
この子をどうにかしたいと思ったのが
MOJAMOJAのDuniaBuluuという新しい形、
ボードバッグというアイテムになりました。
“UPCYCLE STORY”
とっても素敵なストーリ、”物”が沢山の今だからこそ輝く言葉の1つ。
ぜひぜひCheckしてみてください*

blog