ship to HRS

昨日、湘南は茅ヶ崎にあるHRS様に4枚ほど
ボードバッグを納品させてもらいました。
HRSのボス山田さんは、
物知りで丁寧でいつも何か聞きたいことや知りたいこと
1質問をすると10返ってくるようなお方です。
私は、自分が自分がと主張をまったくしない山田さんの
人柄や、お店を尋ねるといつも汗だくで働いている姿が
とても素敵だなと思っています。
なんていうか、
私が勝手に感じているのは
“自分”よりも”自分のまわりの人”の幸せを
優先しているように見えて
だからきっと山田さんのまわりには人が溢れていて、
こんな遠くの私もその人柄が好きなんだと思います。
MOJAMOJAもづっと大切に取り扱ってくれています。
嬉しいな。
Blogにもこんなに素敵に書いてくれています。
私もまたDEADKOOKSほしいな~~。

さて、
今日からMOJAMOJAはおやすみをいただきまして、
明日から夫婦水入らずというか、
いつものようにNO PLANでトコトコ行きたいと思います。
右側がオンショアなら左側はオフじゃないか?
NZ的考えで右から左へ移動もあり。
初の日本海かしら。
※ちなみにNZ(North)は場所によって
2時間くらいで反対側に行けるので、
オフを求め移動可能!
日本は…何時間でいけるのかな。
助手席で居眠りぶっこきから目覚めたら着いてる感じかしら。
ということで、
色々検討した結果今回の2人のクイバーは7本に。
5’4″のフィッシュから9’9のログまで。
そして1本、今回はヤバいのを持っていきます。
わくわく!わくわく!
私のSPECIALな1本です。
またそれも追って。

FOR HOLYSMOKE!

 

先日もBlogに書いていたのですが、
HOLYSMOKE様にSHIPする
今回のラインナップは下記になります♡
並べると可愛いのう。
6.0~8.0までたっぷり納品いたします!
細かな生地の切り替えや素材感が
写真では見づらいので、
HOLYSMOKE様店頭や、オンラインで
ディティールチェックをぜひぜひしてみてください。
GO SURFのお供にテンションあがる1枚を♪
blog.jpg

 

Handmade longboard bag

なかなかBlogが更新できず、
毎日ミシンにかじりついております。
今年も残り2ヶ月。
年内はオーダーがもうパツパツの状態で、
今も納期がづれこんでいます。ごめんなさい。
どうせ海ばっかり入っているんでしょ
と思っている方は大間違いすぎです。
今年はなんだかタイミングや風、地形も
フィットしていなくて
サーフより仕事という前代未聞の年です。
だからけっこう毎日生地とにらめっこ。
いただいているオーダーのボードバッグも
いろいろ新しい色合いや組み合わせ
楽しんで作らせてもらっています。
特に最近はログやミッドレングスの
依頼が増えていて、
長物、ひーこら戦っています。
いつも思うけれど、
この大きさは完成したとき嬉しさ一入なのです。
boardbag1
こちら9.4のログ用バッグ。
おまかせのご依頼だったので
クジラのような海にゆらゆら漂っているような
バッグにしてみた。
ハンドダイをした色違いの生地を
キラキラな水面のように縫い合わせ。
boardbag2.jpg
きれいなイロたち。
近くでみないと気づかないくらいの微妙な色合いに。
8ft以上のMOJAMOJAバッグは、ボトム面が
大きく開閉ができる仕様になっていて
boardbag5.jpg
革ボタンで調整できます。
ログは車の上に重ねることも多いので
革のボタンだと柔らかく
重みで板が傷つくことがないように。
テイルを結ぶ紐もWOOLを丁寧に編んだもの。
手を加えたら加えただけ
なんとも愛おしいバッグになる。
one of a kindですから、
世界で1つだけのバッグに。
boardbag3.jpg
そして、
この2つは9.6用のシングルログバッグ。
テラコッタな花柄とディープグリーンの花柄。
boardbag6.jpg
こまかなパッチワーク部分は
キルトに細かくハンドステッチをすると
陽の加減でもこもこと凹凸がでて
とても可愛い。写真では伝えきれない。
boardbag7.jpg
古い古い倉庫に眠っていた
ブランケットみたいなつぎはぎ。
かわいいな。
boardbag4.jpg
こちらも秋色。
ボロボロにして使ったら可愛いね。
さて、
こんな感じにバッグがたくさん縫い上がっていますが、
月末はさらに大量、
やっとHOLY SMOKE様のオーダー分も
完成予定なので納品させていただこうと思います。
バッグを是非店頭でお手にとり、
オシャレでハイセンスな梶川セレクトと共に
抱き合わせでご購入お願いいたします♪
作る仕事は本当に楽しい。
頭に浮かぶものや
心に感じるイロが形になるのだから。
obi

“TIME TO SURF”

bags.jpg
バタバタと過ごす夏。
あついあついといいながら、
秋色の組み合わせに胸踊ってます。
合わせてタグも新しく作ってみた。
“TIME TO SURF”
ボードバッグを新調すれば
あとはボードを入れて海へいくだけ♪
というようなわかりやすい感じに。
汗だくで夜な夜なプリントを刷り、
汗だくでミシンを踏んで作りあげている毎日です。
さて、
今年は1度も海の家に遊びにいかずだったので
明日は夏の終わりラストセッション
近所の海の家で真っ昼間からお友達と
飲んだくれてみようと思います。
obi

Floral patchwork for 7’11”

bag.jpg
ピンクやレッド、イエローやサーモンピンクの
USAコットン。これを好きな組合わせで
1つ1つ縫い合わせてみました。
使っていくうちにボロボロになって
陽に焼けて色あせたら可愛いいね。
bag2.jpg
近くで見ないとわからないけれど、
ノーズのキルトにハンドステッチで押さえ、
パッチワークの形がもこもこと立体的に。
bag3.jpg
スモーキーピンクのクラシックコーデュロイに
ピッタリなノーズデザインになりました。
こちらは7’11″ミッドレングス用で、
とても可愛いサーファーの女の子に使ってもらえます♪
MOJAMOJAのボードバッグは
裏地には撥水生地を全面に使い、
するすると出し入れが楽ちんです。
海から上がって水に濡れていても、
長いボードでもさらさらっと入れれ、
さらさらっと出せちゃいます。
ただ夏場は車内など、高温になると
WAXが溶けて裏地にくっついてしまうので、
その時は優しくペリペリと剥がしてください。
—————-
おまけ
omake.jpg
本日の撮影はOHAGIBOYこと
ポニがサポートしてくれました。
尻尾もピンと立ててプリプリのお尻もかわ~
neko