Floral patchwork for 7’11”

bag.jpg
ピンクやレッド、イエローやサーモンピンクの
USAコットン。これを好きな組合わせで
1つ1つ縫い合わせてみました。
使っていくうちにボロボロになって
陽に焼けて色あせたら可愛いいね。
bag2.jpg
近くで見ないとわからないけれど、
ノーズのキルトにハンドステッチで押さえ、
パッチワークの形がもこもこと立体的に。
bag3.jpg
スモーキーピンクのクラシックコーデュロイに
ピッタリなノーズデザインになりました。
こちらは7’11″ミッドレングス用で、
とても可愛いサーファーの女の子に使ってもらえます♪
MOJAMOJAのボードバッグは
裏地には撥水生地を全面に使い、
するすると出し入れが楽ちんです。
海から上がって水に濡れていても、
長いボードでもさらさらっと入れれ、
さらさらっと出せちゃいます。
ただ夏場は車内など、高温になると
WAXが溶けて裏地にくっついてしまうので、
その時は優しくペリペリと剥がしてください。
—————-
おまけ
omake.jpg
本日の撮影はOHAGIBOYこと
ポニがサポートしてくれました。
尻尾もピンと立ててプリプリのお尻もかわ~
neko

70’s vintage fabric pants

199_5.jpgこの夏MOJAMOJAでは、
ビンテージ生地を使ったビーチパンツを展開中。
とにかく、
陽気なプリントが心踊ります♪
1枚1枚縫い上げて形になっていくのが楽しい。
この他にも、
夏の夕暮れにピッタリな
オリエンタルロングパンツも
再入荷希望をたくさんいただいていたので
ちょこちょこUPします。
オーダー分のワンピースやボードバッグ達も縫わなきゃで
夏バテしてる場合じゃないけれど、
ちょっと夏バテ気味なよーな。
さて、
今朝の海は腰腹のパンと張ったレフト波が
キレイに割れていて、
昨日に引き続きすばらしい朝でした。
しかも嬉しいことに40分ほど完全貸し切り
1人でやりほーになった時間があり、
そんなときに限ってノーズからの10で
いつも以上に長く走れた。
のに
誰も見ていないっていう。
だって貸し切りだから。
まあこうゆうコソコソな練習が次につながりますね。
夏もサーフィンサーフィン!
obi

KEEP SURFING SHARE RIDE

hrs.jpg
あんなに寒かったのが嘘のように、
連日太陽サンサンな日々が続いてます。
MOJAMOJAのハンドメイドのパンツ
“CHAKA PANTSが活躍する季節でもあります。
1点物なので好みの自分色が見つかったら
ぜひ着てみてください。
こちらの3点は湘南のHRS様に納品させてもらいました。
海あがり、キャンプやお散歩、家でなど
これからの夏の楽しいお出かけシーンに
是非色を加えてみてください♪
surf.jpg
さて、昨日は朝はFISHちゃん、
サンセットはログで楽しめた1日でした。
夕方、
毎年地形がよくなってインドネシアクオリティの
波になるこの家の前のブレイクは、
今年はおそらくSNSの影響か、
異常な混み方をしている。
昨日の夕方もプロからビジターのサーファーまで
ワンピークに大集合。
私はログだったしちょっと外れた場所のピーク
あまったワンサイズ小さめの波で十二分に楽しめた。
離れた所から見ているだけでも楽しめるすごいセッション。
ただ、その混雑のメインピークは、
冬でもどんな時でも近所の子どもたちが一生懸命
練習している場所でもあって、
そんな小さな子どもたちが昨日は、
おそらくSNSで駆けつけた
ビジターであろう大人サーファーに
前乗りをされたり、真隣で競られたり、
あげくパーリングをしてゲット中の子供と一緒に巻かれたりと
とても危なく、残念に見えた。
波はいいし、乗りたいのもわかるけれど、
目を吊り上げて自分より格下と決め込み、
波を奪い取るというのが
サーフィンというスポーツなのか。
プロの上手な子がヒトカキ漕げば手を出せないのに、
女の子や子供をターゲットに
奪い取るサーファーがたくさん。
本当にダサいしガッカリ。
だいたい、
海で思うのは上手な人ほど、
気持ちよく波をシェアしてくれて、
こっちが手を出せないセットや形のいい波を見つけては
いいライドをしている。
(カッコいいなと見惚れるよね)
だいたい、
下手な人ほど、
競って、ガニ股でパンピングして、
自分のライディング見たか的な顔で
また平然と一番奥のピークへ戻ってくる。
(誰もライディング見てないけど)
気持ちいい夏の海、
暖かくなってきて最高なのだけれど、
すごく不快でモラルなき人が多くなってきているのも事実。
波に乗りたいのは皆一緒、
少しでいいから”SHARE”な精神をもって
ガニ股でもいいから
心はイケてるサーファーでいてください。
もちろん自分も胸に刻んで、
KEEP SURFING.
obi

Raglan ~ Whangamata

nz.jpgNZです。まずはRaglanから
そして今はWhangamataという街にいます。
WIFIが安定せず、
バッパーも満員で暗闇ブッシュで車泊したりと
昔来たときと何もかわらずな生活で楽しいです。
夜は8時過ぎまで明るく、
サーフを終えて着替えるともう9時。
夜の真っ暗な空を見上げると、
ものすごい数の星と天の川が詰まっていて、
一瞬にして疲れがふっとぶほど。
肝心の波は、絶叫するほどの長い長い波。
緑いっぱいの道をドライブして、
ゆるいオフショアの海へ静かにパドルアウトする瞬間は
言葉にはできない。
なんだろうジンワリと熱い気持ち。
ただただ、
サーフィンを続けてきてよかったと思う。
初めてきたのは13年前、2回目は7年前、
ここの波を改めて滑ってみて、
また新しい景色が見れている自分がいる。
来週また新しいスウェルが入ってくるようなので、
すごく楽しみです。
のどかで、のんびりで、時計の針が
ゆっくりと動いているように感じるこの国は
昔とほんとうに変わらずそのままの姿。
単純な言葉だけれど、
すごく美しい。この言葉しか見当たらない。
nz2.jpg
そしてその美しき自然いっぱいの中で
フィッチをむさぼり食う。
揚げ物って本当うまい。
今日は久々の宿でベッドに熱々のシャワー嬉しい。
WIFIも安定中。
波情報をチェックしつつ明日はサーフ後
一気に8時間くらいかけて北へ上ります(多分)。
そこも素敵な場所なので、
WIFIが機能したらBlog書こうかな。
途切れ途切れの
忘れかけていた過去の記憶が1つの線になる。
人間の記憶ってすごいのね。
そして新しい楽しい想い出が
また自分の人生にプラスされています。
サーフィン続けてきて本当によかった(2回目)。
続けてこなかったら、
こうゆう気持ちにはなれなかったのだから。
obi

Surf boarg bag `Bohemian Flower`

blogboard.jpg
先日縫い上がった1枚。
お気に入りのシングルフィンや、
レトロツインフィンにピッタリなバッグです。
細かな Flowerプリントなので、
遠くより近くでみると咲き乱れていて
とってもかわいいのです。
114_4.jpg
ポケットにも小さなお花を咲かせてみました。
サイズは~5’11″まで収納可能!
お花の生地の部分をふっくらさせたく、
贅沢にこの生地裏すべてにキルトを入れています。
teil.jpg
テイルをキュッとまとめる紐は優しい
茜色とラベンダー色♡
裏地には撥水加工生地を全面に使っているので、
するすると出し入れができます。
春も近いから新しいBUDDYに春物を♪
obi