blog.jpg
秋のアイテムを続々と縫っています。
こちらは5.8~6.0までのコーデュロイバッグたち。
私のDEADKOOKSもお世話になった
湘南のHRSさまにshippingいたします♪
今回はシンプルなバッグにパッチワークポケットをつけたシリーズ。
ちょっとしたときにWAXを入れたり、小さな貝殻を入れたり♪
板を重ねても傷がつかないようボタンや
コードエンドもすべてレザーにしています。
blog.jpg
テイルの紐もアクセントになるようにWOOL2色で編み込んだもの。
バッグに合わせた配色でけっこうお気に入り。
blog.jpg
テイルやポケットが沢山重なると可愛い。
blog.jpg
まだまだ制作したものが沢山あるのでちょこちょこ
時間あるときにUPDATEしていこうと思います。
今日は多分昨日のbadなワイプアウトか寝違えかなにかで痛めたようで
背中と首がとてつもなく痛み、右がほとんど向けない。のに、
我が家の猫のOHAGIBOYがやたら右からせめてくる。
obi

surf calendar

umiumi.jpg
今年に入ってからサーフカレンダーを付けている。
いつどの板を引っ張り出してどのブレイクに入ったかを書き留めるもの。
1月は18日、2月は11日、3月は17日間サーフをしていた。思ったより少ない。
2ラウンドや3ラウンドの日もあるけど日数のみ。
前にNZそしてインドネシアを2ヶ月Tripしたときに、
今日はサーフしたくないな。と思っても、
サーフしない自分に嫌悪感を覚え、
“やらなきゃやらなきゃ”という謎のプレッシャーや
負の感情に振り回されていた。
だからその気持にふと気づいたときに帰国を決めてかえってきた。
そして、
このサーフカレンダ-もちょっとその謎の威圧感を私に与えてくる。
トイレに貼ってあるからトイレ中に。
ノーサーフ3日続いてるよ…とか。
なので、今年はゆっくり焦らず自分のペースを乱さない
サーフライフにしようと思っている。
だから今朝も入らないでちょっと休もうと思ったのだけれど、
事あるごとに波情報をみてしまう。外にでて何風かと感じてしまう。
で、気がついたら結局板をもって海に走ってる。
そして今日もいい波だった。
サーフして良かったと思っている自分がいる。
海、サーフィンに、1度取り憑かれてしまったら
もうきっとこの感情から抜け出せないのかもしれない。
深い深いところで脳みそと心臓を鷲掴みされてるんだなあ、と。
あと何年この気持ちでいられるのだろう。
あと何年こうして海へ向かえれるのだろう。
だから、
サーフカレンダーからケツを叩かれて海へ向かうのも
悪くないと思った日でした。
obi

Nov,2017  No473 Fine

fine.jpgNov,2017  No473 Fine
Fineってかなり雰囲気ががらりと変わって
素敵な男性雑誌になっています。読み応えばっちり。
そして、イケメンばかりでページめくるのに焦ります。
さて、このFineの中で、
ファッションデザイナーのミハラヤスヒロさんが
モノづくり×サーフィンをしている人にフォーカスした特集をしています。
その特集に今回MOJAMOJAを取り上げてもらいました。嬉しい*
ちなみに、私が服飾専門生だったころ、
ミハラヤスヒロさんの作り出すぶっ飛んだ靴達に心踊っていたこと、
自分もいつかデザイナーにと夢見るピヨッピヨな学生には
とってもとっても憧れなデザイナーでした。
そんなそんなそんな一生会えないと思っていた方に
サーフィンを通じて今回出逢えた。サーフィンもできた。
取材後一緒に美味しいラーメンもすすれた。
嗚呼、サーフィンを続けていると
いつかの夢が、違う形で叶うのですね。fine2.jpg
海のそばでモノを作ってサーフィンをして暮らす。
シンプルに生きるのはとっても楽しい。
特別なことではなくって、全て好きで続けてきたこと。
こうして書いてもらえるなんて嬉しいな。
是非書店でイケメンチェックとMOJAMOJAページ見てみてください♪
obi

I live my own life!

bag.jpgFor / egg nose ~7.0 / point nose ~ 6.0
縫い上がると、どれもこれもブラウンやカーキ、
バーガンディベースなものに♪
サーフボードを持ち運ぶにも自分好みの
色や素材のバッグと一緒だとさらに楽しくなります♪
Trip先でも他の国からくるサーファーが興味を持ってくれたりと、
コミュニケーションの1つになったり♪
もうサーフィンもシーズンイン。
MOJAMOJAもシーズンイン! 夏物縫い縫いの毎日です。
さて、ここ海沿いの小さなサーフタウンも
かなり初夏に近づきつつあり、
家のまわりの田んぼにも稲が植わったり、
山が緑々しくなってきています。
iti.jpg
まだえっちらおっちら車でこの地にサーフィンをしに
通っていた時は、来るたび、夏の香りや蛙の声を聞くたび、
ああいつかここに住みたいなと想い、
その夢が去年叶って今に至ります。
先日友達に、今まで行った国で住みたかった場所ってどこ?
と聞かれ考えこんでしまった。
昔ならあそこもここもと浮かんだのかもしれないけれど、
今はこの場所での生活を本当に心から気に入っている。
とってもシンプルだし、とっても健康的。
海に入ることが特別なことではなく、当たり前になり、
時間もゆっくりゆっくりと贅沢に使える。
お酒を飲むのもサーフィンの話をつまみにのんびりと。
そして時々Trip。
今年もじっくりここの素敵な夏を
めいいっぱい感じたいと思います。
本当いい季節だよね、クゥーッ!
obi